くらげなす

ニートの読書感想文。

「死人の声をきくがよい」完結!ホラー漫画家によるキャッキャウフフなラブコメ


死人の声をきくがよい
ひよどり祥子 (著)


私の大好きなホラー漫画、「死人の声をきくがよい」がついに終わってしまった。
霊感をもつ男子高校生が、幼馴染の幽霊少女と共に様々な怪奇事件に巻き込まれる。一言で説明するとそんなストーリーの漫画だ。
月刊漫画雑誌「チャンピオンRED」で連載されていた。全12巻。


主人公の岸田君は幽霊が見える霊感体質なのだが、見えるだけで対話は出来ない。
おとなしい性質の少年で、悪霊その他と戦えるような力も持たない。
殺人事件に巻き込まれて死んでしまった幼馴染の幽霊、“早川さん”といつも一緒だ。
彼は毎回いろいろな要因から怪奇事件に巻き込まれる。しかし、その度に守護霊となった早川さんに導かれ、辛うじて命を繋いでいく。
事件には幽霊絡みもあれば宇宙人や人狼、よく解らないUMAや人間の犯罪者が起こしたものもある。


ホラー漫画なだけあって全体的に暗くて重い画風。人もたくさん死ぬ。
しかし可愛い女の子もたくさん出てくる。“怪奇ホラーラブコメ”とでもいうような、独自の魅力を持った漫画だ!


1巻のあとがきによると担当編集者から、「とりあえず女の子をたくさん出して」「タイトルをラノベっぽくして」という要望があったらしい。ホラー漫画家が描いたキャッキャウフフなラブコメ、そんな感じのコンセプトで始まったようだ。
すごく面白い漫画なので、ホラーやグロい表現が苦手でないなら是非読んで欲しい!


最後は最終話について。割とあっさり終わってしまったこの漫画。しかし、私はあの終わり方が一番潔くて美しいと思う。
早川さんへの思いに決着をつけ、ついに自分から怪奇事件に挑む岸田君。早川さんとの関係から始まった物語なので、やはり彼女に思いを告げるところがクライマックスなのだろう。
ゴーストちゃんとの対決も、最後の岸田君の“強キャラ感”なら何とでもするだろうと思える。
とにかく面白い漫画だった。ひよどり祥子先生の次回作に期待!