くらげなす

ニートの読書感想文。

ハイイロオオカミのレゴシ君、その青春の行方は!?


BEASTARS
板垣巴留 (著)


今回紹介したいのは「週刊少年チャンピオン」で連載中の漫画、「BEASTARS」。
秋田書店の特設サイトには、“動物版青春ヒューマンドラマ!!”というキャッチコピーが掲げられている。擬人化した動物たちの青春を描く人気漫画だ。


物語の舞台は中高一貫にして全寮制のエリート校、チェリートン学園。
演劇部の役者、アルパカのテムが何者かに“食殺”される。そんなサスペンスなシーンから、この「BEASTARS」は始まる。


主人公はハイイロオオカミのレゴシ君。この世界では強者とされる大型肉食獣だ。
心優しい青年なのだが、その体格と寡黙で不器用な性格から何かと誤解を受けやすい。演劇部に所属し、照明を担当している。
ある切っ掛けからウサギのハルちゃんに惚れてしまい、更に“アカシカのルイ”や演劇部の仲間たちと関わることで、獣として大きく成長していく。


基本的にはレゴシ君を中心とした青春漫画と言えそうだ。彼の成長や恋愛、友情を物語の中心に据えつつ、この世界特有の社会問題が描かれる。
二足歩行で服を着た動物たちの社会。擬人化した動物というとキティちゃんのような、割とほのぼのとした可愛らしいものを連想しがちだ。しかし、この漫画では“肉食”と“草食”の対立や、草食の肉が売られている“裏市”など、なかなか緊迫感のある設定が盛り込まれている。
とは言え、登場する動物たちは割といい奴ばかり。私はレゴシ君やその親友のジャック君(ラブラドールレトリバー)、そして第二の主人公ともいえるルイ君が大好きだ。
個性的で人間よりも人間味のある動物たちが、それぞれに悩みを抱えながら学校や社会で生活している。


また、この漫画はバトル漫画としての側面も持っており、レゴシ君は同じ演劇部員のトラと喧嘩したり、とても強いパンダに弟子入りしたりもする。
種族名がそのまま、強者としてのステータスになっているのが面白い。敵をいかに強そうに見せるか、既存のバトル漫画では色々な工夫がなされてきた。戦闘力を数値として可視化したり、以前の敵をかませ役にしたりと様々な手法がある。
ところが、この漫画では“ベンガルトラ”“ライオン”“ヒグマ”、もうこれだけでヤバいのが伝わってくる。特にヒグマは絵的にもかなりの迫力だ。色々あってレゴシ君は、この怪物級の大型肉食獣と対立することになるのだが、奴が天井をその大きな爪で易々と引き裂く様は、読者に強烈なインパクトを与えた。


そんな「BEASTARS」がアニメになるらしい。2019年10月、フジテレビにて放送予定とのこと。未読の人は今の内に読んでおこう!