くらげなす

読書ブログです。

身長9cmの日常!「ハクメイとミコチ」の魅力


ハクメイとミコチ
樫木拓人 (著)


身長9cmの小人たち、その日常や冒険を描いたファンタジー漫画。
KADOKAWAの漫画雑誌、「ハルタ」で連載中。2018年にはTVアニメも放送された。


ハクメイさんとミコチさんが主人公。
栗毛の方がハクメイさんで、黒髪ロングがミコチさん。二人は童話や絵本に出てくるような、いわゆる小人だ。身長9cmで耳が少しとがっている。
街外れの大楠に一緒に住んでいるが、姉妹や親族ではない。
この漫画では、二人とその周囲(小人&動物たち)の日常が描かれていく。


ハクメイさんは大工と修理屋を生業とする元旅人。とにかく前向きかつ行動的な人で、読んでいて元気がもらえる!読書が趣味。
ミコチさんは保存食と日用品を生産し、卸すことで生計を立てている。料理と歌で有名な人気者。インドア派だが顔は広い。
二人が住んでいるのは街外れの大楠。最初の頃は根元の洞に一軒家が建っていたのだが、ある事件により木っ端微塵に。その後、友人の手により修理され、洞をそのまま活かした豪邸となった。絵本に出て来そうな面白い家である。


この漫画には沢山のキャラクターが登場する。その大半が小人と小動物だ。
ここまで“小人”で通してきたが、そもそも通常サイズの人間は登場しない。なので本人たちは自分の事を小人とは認識していない。
また、動物たちは現実と同じサイズだが人語を話す。鳥や魚などの例外はあるが、ほとんどの動物は喋る。彼らも小人たちと一緒に社会生活を営んでおり、立場も対等である。それぞれ大工をやったり店を経営したりしている。
小人も動物もみんなキャラが立っており、何度読み返しても飽きない。自由でありながらも独自の生き方を持っていて、そして逞しい。


作りこまれた背景世界にも心を惹かれる。
物語の舞台は主に、マキナタと呼ばれる街とその周辺だ。マキナタは旅人が集う山間の街。非常に活気のある街で、多くの店や屋台が並んでいる。お祭りなどのイベントも沢山あり、主人公二人も度々参加している。周辺は自然豊かな土地で、色々な冒険が可能だ。
そして主人公たちの家もそうだが、この作品には特徴的な建築物が多数登場する。マキナタ内には“蜂蜜館”という好き放題に増築された建物群が存在する他、近隣の港町には“積み木市場”と呼ばれる立体迷路のような市場があり、また別の場所にはダチョウの卵を利用した美容室がある。
こういった不思議物件が登場するたびに、自分も小人になってああいう場所に住みたいなあと空想が膨らむ。出て来る食べ物もおいしそうだ。でっかい猫や穴熊をモフりたい……。


もっと好きな登場人物やエピソードについて語りたいのだが、際限なく長くなりそうなので今回はここまでにしたい。連載中の漫画だし、またの機会に紹介しようと思う。