くらげなす

ニートの読書感想文。

“サクラチル”、本に挟まれていた謎のメッセージ


サクラ咲く
辻村深月 (著)


辻村深月さんの短編集。中学校と高校を舞台にした小説が三編収録されている。
その内、中学校が舞台の二編は、進研ゼミの中学講座で連載されていた。
三つの物語は世界観を共有しており、一部の人物は作品を跨って登場する。
どのお話も面白かったが、今回は表題作の「サクラ咲く」を中心に紹介したい。


中学生になったばかりの女の子、塚原マチさんが主人公。彼女は自分の意見をはっきり言えないことに悩んでいる。
ある放課後、図書室でリザ・テツナーの「黒い兄弟」を手に取るが、そこには細長い便せんが挟まれていた。便せんには“サクラチル”という謎の言葉が。
その後も、本に挟まれた意味深なメッセージを見つけるマチさん。ある日、思い切って返事を書くことに……。


進研ゼミの中一講座に載っていたのだから、元々は中学生に向けての作品だろう。
勉強の合間にこんな物語が読めるとは羨ましい!そう思う反面、中学生だった私にこのお話を与えても、最後までは読まなかったかもしれない。
当時の私は現実逃避のためにライトノベルばかり読んでいた。この作品にはライトノベルにはない、妙なリアリティがあるのだ。


強制される部活動や委員会活動。古い文学作品ばかりが並ぶ図書室。初々しくも生々しい、中学生たちの人間関係。中学特有の少し閉じた感じというか、高校ほどには世界が開けていない、そんな空気感が見事に再現されている。
だが、決して暗い話ではない。むしろ新しい出会い、新しい友人との交流を通じて世界が開けていく。そういうポジティブな方向の話だった。


正直、私の中学生活は閉じたまま終わったというか、特に達成感もなくいつの間にか終わっていた。なので、あまりいい思い出はない。
しかし、ああいう閉塞感に満ちた空間でも、自分なりの達成感や解答を得られたのではないか?そんな風に少し考えさせられた。


何だか最後、ちょっぴり暗い感じの文章になってしまったが、暗いのは私の中学時代であってこの小説ではない。
それどころか、こんな私でも中学時代を懐かしみ、楽しく読書できたのだ。だから中学三年間、すごく楽しかったという人は、たぶんもっと楽しめる。


「サクラ咲く」は友情と希望に満ちた作品集だ!気になる人は是非読んでみよう!