くらげなす

読書ブログです。

“サティ”と“ラベリング”で心をクリーンに保とう!


これも修行のうち。 実践!あらゆる悩みに「反応しない」生活
草薙龍瞬 (著)


「これも修行のうち」を合言葉に、“無駄に反応しない心”を養おうという本。そのための“プチ修行”が50個、紹介されている。
著者は「反応しない練習」の草薙龍瞬さん。この本も原始仏教の考え方をベースに書かれている。


心の不快な反応、無駄な反応をリセットするにはどうすればいいのか?
心は常に動き続けている。最初の反応が別の反応を誘発して、頭の中はぐっちゃぐちゃ。すぐ訳が解らなくなってしまう。
こういうときは何をやってもうまくいかない。気分転換も難しい。何か楽しいことをしようとしても、それらがまた新しい反応を引き起こしてしまう。


この本によると、心の反応を止めるには“感覚(五感)”を意識するといいらしい。感覚に意識を集中させることで、“感情”や“思考”をリセット出来るのだ。
具体的な方法は直接読んで確認してほしいのだが、この感覚を意識している状態を“サティ(気づき)”という。ちょっとした家事や雑事でも、サティを絶やさなければ“心のクリーニング”になるのだそうだ。


また、“ラベリング(言葉による確認)”という方法も紹介されている。自分が今何をしているのか、何を考えているのか、何を感じているのかを、言葉で客観的に確認する。
これで心を整理整頓、意識を無駄な反応に奪われずに済む。


この二つは「反応しない練習」にも登場した方法だ。人間は自分が思っている以上に日々を漫然と過ごしている。時々でも心の状態を確認すれば、色々な無駄が見えてくる。私もしばらくはサティとラベリングを意識して生活しようと思う。


他にも、自分の中にある“怒り”を消去する方法や、“やる気”についても詳しく書かれている。「反応しない練習」と比べても、より実践的な内容だ。併せて読むと更にいいだろう。
“新しい考え方を自分の中に取り入れる”というのは読書の醍醐味の一つだ。人生は考え方しだい。この本で“合理的なブッダの考え方”を学ぼう!


www.kuragenasu.com