くらげなす

ニートの読書感想文。

バレットジャーナルを始めた

f:id:kuragenasu:20190712232004j:plain


ようやくバレットジャーナルを始めた。今日で5日目になる。


ノートはMDノート(文庫サイズ・無罫)を使用している。もともとは“願いごと手帖”として使っていたものだ。使いきれずに何年も放置していたので、今回バレットジャーナルを始めるにあたって再利用した。サイズ的に少し小さすぎる気もしたが、使ってみると意外と悪くない。それに前の記事でも書いた通り、とにかく手を付けることが重要である。まずはこのノートで続けて、2冊目以降に活かしたい。



ついでに色々なお勉強も始めた。英語と数学、あとPython(プログラミング言語)についても学んでいる。どれも過去に挑戦して、長い事やる気を失っていたものばかりだ。今回は量的なハードルを限界まで下げ、少しでも長く続けられるように工夫している。


あとは一発逆転を目指して、“なろう小説”でも書こうかな。しかし、これが一番難しいような気がする。「とにかく手を付けることが重要」とは言ったものの、小説については正直、どこからどう手を付ければいいのかすらよく解らない。過去に何冊か創作に関する本を読んだはずだが、実際始めようとするとすっかり頭から抜け落ちている。もう一度読み直すか……。


今週はあまり本を読めなかったので、私の近況について報告させてもらった。一応言い訳させてもらうと、読書以外に趣味がなかったから“読書ブログ”になったわけで、正直そんなにはこの看板にこだわっていない。今後はお勉強やバレットジャーナルについての記事が増えていくかもしれないし、やっぱり読書ブログのままかもしれない。